エタラビで脱毛デビュー!顔の顎や口ひげも脱毛でツルツルな肌に!

Pocket

綺麗な肌の女性

私は23歳で、読書・カフェめぐりが好きな主婦です。

体毛が人よりも濃いことを自覚していた私ですが、面倒臭がりな性格でなかなか脱毛をしようという気になりませんでした。

しかし、彼とのデートをきっかけに脱毛サロンに通うことになったのです。

私の体毛事情とおろそかになってきたお手入れ

私は親の遺伝もあり、小さい頃から人より体毛が多かったので、中学校にあがる前から体毛のお手入れを始めました。

そのため、年齢を重ねていくにつれて、お手入れの回数も増えていきました。そんな中で、さらに顔の顎や口ひげも体毛ほどではないですが濃くなっていきました。

しかし、社会人になってからは仕事が忙しく、学生のときのように時間をかけ、丁寧にお手入れする時間や気力がなくおろそかになっていきました。

顔の髭も面倒になり剃刀でお手入れし、お化粧で隠すという生活をしていました。

男の人は女性のムダ毛を厳しく見ている

ある日、彼とデート中のカフェで旅行したいという話をしていた時に、たまたま隣に座ってきた女性が体毛が薄いながらも「あ。あの人お手入れしてない!」と思うほどの女性でした。

彼も思わず、二度見するほどの衝撃だってみたいで、お店を出た後に「あの隣に座ってきた女の人、やばかったな。俺、絶対お手入れしていないのって無理だわ。毛が濃いのもさらに、嫌かも」と彼は話していました、

そんな話を聞かされながら、剃刀と化粧で誤魔化している私は内心ヒヤヒヤしていました。

そしてある日、彼とのデートで私が脱毛を決心するきっかけとなった思わぬ失敗をしてしまうのです。

脱毛デビューするきっかけ

彼とのデート前に、無駄毛のお手入れをしていたら、誤って出血をしていたことに気付かずデートに行ってしまい、彼氏にものすごく心配されました。

さらに、白のブラウスだったためにとても目立ってしまい、急いで替えの洋服を買いに行きました。

記念日だったこともあり、彼がサプライズといろいろ用意してくれていたのにも関わらず、時間が遅れてしまい彼がイメージしたものにならず彼が落ち込んでしまい、その後の機嫌をとるのが大変でした。

私は、「このままじゃ、だめだ!脱毛サロンに行こう!」とついに決心したのです。

そして、脱毛サロンを選ぶときは”顔まで脱毛できる”ということで、エタラビに決めました。

今になっては、すべてが一回で済むほうにしたほうが、ダルがりな自分に合っていたかなと思ってしまうことがありますが、今ではおおむね満足しているのでエタラビに決めて良かったと思っています。

脱毛して良かった3つのこと

脱毛してよかったと思うことは、一つ目は”自分のお手入れの回数が減った”ということです。

今までは、ひどいときは毎日やっていたものが徐々に回数が減ってきました。さらに、腕を見ても毛穴が目立たなくもなり最近では、つるつるな自分の腕にうっとりしたりします。

二つ目は、自分のお手入れの回数が減ってきたので、”お肌などの体のお手入れを集中的にできる”ようになりました。

今までは、毛のお手入れだけがメインにやっていたのでその時間を他のお手入れに回すことができ、楽しくなってきました。

三つ目は、”肌見えが多い洋服や水着を着ても怖くない”ということです。

脱毛のおかげで、今まで遠慮して着られなかった洋服や水着が着れるおかげで、彼氏や友人たちに「きれいになったね!」「可愛くなった」など嬉しい変化がありました。

そんな彼とは、結婚もしました。脱毛してほんとによかったと思っています。

お住まいの都道府県を入力してください

      2016/08/11

 - 脱毛サロン体験の口コミ