Oラインの処理はどこまでやるもの?脱毛サロンや自宅での仕方とは?

Pocket

水着の女性

今やアンダーゾーンのお手入れは当たり前の時代。

VラインやIラインのケアはしていても、「Oライン」のケアまではしていない…という方も多いのではないでしょうか。

しかし、自分では確認しにくいOラインは、知らないだけでムダ毛でびっしり覆われていることも…

大好きな人にガッカリされてしまわぬように、しっかりチェックしておきましょう。

Oラインとは?

Oラインとは、肛門の周りをぐるっと囲ったラインのことを言います。一般的に、この部分のムダ毛を表す言葉です。

Oラインの処理はどこまでする?

VIOライン

Oラインのムダ毛、どれくらい処理すれば良いのか気になりますよね。

実はOラインのムダ毛は、下着や水着の形によってははみ出してしまうことも…それもあってか、形を整えて毛を残すVラインと違い、Oラインは全て処理してしまい、無毛にするのが一般的です。

範囲も狭く毛量も多くはないので、残す方が難しいかもしれませんが…無くしてしまえば見た目の良さだけでなく、衛生面でも清潔さも保ちやすくなりますよ。

Oラインの処理、方法は?

Oラインのお手入れをしようと思った場合、おすすめなのはOラインの処理を行ってくれる専門のサロンへ行くことです。

ちなみにサロンとは、脱毛サロンやブラジリアンワックスのサロンなどのこと。

デリケートゾーンであるOラインは、敏感で刺激に弱い部位。

場所柄、傷が付いたりするとばい菌が入りやすく、悪化してしまうことも…それで傷跡が残ったり色素沈着を起こしてしまっては本末転倒ですよね。

下手なお手入れで大変なことにならないよう、専門的なサロンでのお手入れが安心です。

場所が場所だけに恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、サロンでのお手入れは今では珍しくありません。

サロンのスタッフさんはプロですし、たくさんの方が施術受けているので、必要以上に恥ずかしがらなくても大丈夫。

自分では見づらい場所なので、きれいに処理したつもりでも残っていたり、仕上がりが汚かったり…アフターケアもしっかりしてくれるのでそういった心配もなく、満足の仕上がりですよ。

Oライン、自宅で処理するには?

それでもどうしても抵抗があったり、近くに処理してくれるサロンが無かったりと、自宅でお手入れをしたい、という方もいることと思います。

その場合は、ヒートカッターでのお手入れがおすすめです。ヒートカッターとは、その名の通り電熱線で毛を焼き切る、というもの。

肌には直接触れずに毛先を丸く整えるのでチクチク感がなく、デリケートな部位にも安心です。

厳禁なのは、安易に毛抜きで抜いたり、カミソリで剃るといった方法です。
どちらの方法もデリケートなOラインの肌を傷付けやすく、大きなトラブルの原因になりかねません。

また、毛抜きで毛を抜くと、その刺激で余計に太い毛が生えてしまう可能性もあるのだとか。

簡単だから…と危険な方法でお手入れをして、後悔しないようにしてくださいね。

最後に

いかがでしたか?見えないようでいて、実は重要なOラインのお手入れ。

まだしたことがないという方も、これまで何となく処理していたという方も、ぜひ正しいお手入れ方法でケアしてみてくださいね。

【関連記事】
Vラインの脱毛処理どうしてる?お手入れするべき範囲と自然な形とは?
Iラインの処理はどこまでやるもの?自宅でするカミソリの方法のポイントとは?

お住まいの都道府県を入力してください

      2016/08/08

 - ムダ毛処理方法