30代後半で両ワキ脱毛!エステサロンPMKで光脱毛にチャレンジ!

Pocket

女性の脇

私は37歳で会社員をやっております。

ムダ毛処理は自宅でやっていましたが、毎日のケアの大変さや肌荒れに悩まされていました。

そしてついに、PMKという脱毛サロンで両脇の部位を脱毛することにしたのです。

まずは自己処理

自宅では脱毛テープと脱毛クリームを使用しましたが、脱毛テープはテープを引っ張ってはがす時に肌と毛が引っ張られて痛みが大きいのと、脱毛クリームは効果を感じたことがありませんでした。

今は主にカミソリを使って剃毛していますが、週に一回でもVラインや脇に刃を当てていると、肌の皮膚の表面が傷付いて赤くなったり、毛が伸びてくる時に埋没毛になったり、毛穴が膿んで腫れたりすることに悩まされています。

また、皮膚を伸ばして毛穴の奥の方まで剃らないと、皮膚と皮膚が触れ合った時にチクチクと毛が刺さるように痛みを感じ、毛が生えてきた時の見た目が良くないのも好ましく思えません。

毎日の無駄毛処理の手間を省くためと、カミソリによる剃毛で皮膚の荒れを防ぎ見た目を良くするため、常に抱えていたそれらの悩みを解消するべく、脱毛サロンに通うことを決意しました。

エステサロンPMKで光脱毛

職場と自宅から便利の良い立地にあるエステサロンPMKで、脱毛カウンセリングと脱毛テストを行いました。

脱毛は初心者で、痛いと聞いて緊張しましたが、テストで光脱毛器を当ててもらうと、耐えられない程の痛みではなかったので安心しました。

一般的に毛量が多い両脇や股間が最も痛いそうですが、光脱毛を続けていくにつれ毛量が減っていくので、一番最初に光を照射した時が一番痛むとのことでした。

現在は、現金支払いの都度払いコースのSパーツ2800円で、両脇を施術して一回目ですが、施術については脱毛箇所を消毒・ピーリング(ゼリーを肌に乗せて貰いました。)・脱毛・クールダウンの4ステップで行われました。

テスト照射した箇所より両脇の毛量が多くて、光脱毛器が脇を照射した時、電気が皮膚の中へ入ってくる感じと、痺れるようで刺さるような痛みを少し感じました。

しかし、家に帰る頃には、施術後に残るような痺れるような感覚は無くなっていました。

両脇の面積が広く、時間がかかるかと思いましたが、片方4回づつ照射して30分以内には全ての工程が終了しました。

脱毛対策をしてみての感想

脱毛対策をしてまだ1回目ですが、両脇の毛量が以前よりは少し減ったように感じられます。

ベストなタイミングで光を照射して毛量を減らしていくのには2ヶ月ごとの施術とまだまだ時間がかかりそうですが、両脇だけではなくVIOラインも同時に脱毛することも考えています。

2ヶ月後にもう一度両脇に施術して効果を実感できたら両脇と並行して挑戦してみようと思っています。

お住まいの都道府県を入力してください

      2016/08/08

 - 脱毛サロン体験の口コミ